ジャニーズ目抜き通り

国民的番組最高視聴率男たちのシモネタをどう見る?

SMAPは2010年の『紅白歌合戦』で3度目の大トリをつとめた。最高視聴率だったといわれる。番組が最も盛り上がる大トリならそれも当然だが、何はともあれ大トリをつとめたこと自体が大きな仕事である。

だが、一部の御用マスコミ以外は「だからSMAP復活!」という報じ方はしない。むしろ、近年の「凋落」モードをさらに加速したような手厳しく突き放したような扱いである。そんなSMAPに明日はあるのか?

スポンサードリンク↑
「下ネタ、男同士でキス… 天下のSMAPが堕ちた!」

というセンセーショナルな見出しで、SMAP出演番組をレビューしているのは、『週刊実話』(1月20日号)に連載されている「さとうみゆきの『テレビ魂』」だ。 

中身は、毎年クリスマスシーズンに放送されている生番組『さんま&SMAP!美女と野獣のクリスマススペシャル』が低俗だったと失望しているのだ。番組についてはすでにファンはご存じのことだと思うが、おさらいのために改めて引用させていただく。

「『メンバーの中でいちばん波動砲(アソコ)がデカイのは誰?』
『大人になってから、おもらししたことはある?』

 自分の役目とばかりに、頑張って答えていたのは草彅くらいだが、SMAPがこんな質問をされてしまうこと、こんな質問を繋ぎ合わせて特別番組を作られるようになったことに、一抹の寂しさを覚える。

 さらに、ブレイク中のおかまキャラ芸人・楽しんごからの質問『この中で僕とキスしてくれるのは誰ですか?』をきっかけに、一部メンバーが悪ノリ開始。香取と草彅、稲垣とマツコ・デラックス、稲垣と楽しんごらが、次々と唇を重ねていった」

自分の価値を下げる失敗を「安目を売る」などというが、まさにこういう行為のことをいうのだろう。人気凋落だからといって、年末の掉尾を飾る国民的番組で最高視聴率をとった、曲がりなりにも芸能界の第一線にいるメンバーが、何もそんなことまでする必要はないだろう。

思えばデビュー時、華々しいスタートを切ったわけではないSMAPは、以降ドラマ組(森且行、木村拓哉、稲垣吾郎)とバラエティ組(中居正広、草なぎ剛、香取慎吾)に分けて売る戦術をとった。

そして、木村拓哉が93年に『あすなろ白書』(フジテレビ系)でブレイクして以来、もともとグループでは脇の位置だった木村が中心になり、森且行脱退後はメンバーがドラマとバラエティの相互乗り入れ路線をとることで、グループとしても個々のメンバーもさらに仕事の幅を広げて化けていった。

そうしたサクセスストーリーを経験しているので、勢いが落ちたこんにち、もしかしたら、再び初心に返ってバラエティに精を出そうと考えているのかもしれない。

だとしたら……、少し違うのではないか。

彼らは当時とは立場も年齢も変わっている。アイドルが汚れ・笑いの仕事を厭わない意外性よりも、栄華を極めたあのグループがそこまでしなければならないの? というネガティブな印象の方が今は勝ってしまうのだ。

たとえば、草なぎ剛個人の活動として“居直りのアラフォー”というキャラで行くのならいいが、SMAPとしてなら話は変わってくるだろう。

こうしてみると、「凋落」をソフトランディングさせるグループとしての今後の足場は、まだうまく定まっているとは言い難いようだ。今年はこれをきちんと見つけなければならない。

安売り出演でタレントの価値まで安くなる

2010年12月に公開された木村拓哉主演の『SPACE BATTLESHIP ヤマト』は、例のごとく公開前から複数のテレビ局を使った宣伝を派手に行った。

宣伝といってもCMの話ではない。木村拓哉自身が出て映画をPRするのだ。あちこちの番組に出まくる電波ジャックを繰り返す。

今回はそれだけでなく、映画のチケット自体も「バナナの叩き売り」だったと書くのは『日刊ゲンダイ』(12月8日付)である。

「異例の興行体制も敷いた。映画の初日は通常、土曜だが、『ヤマト』は『映画の日』で入場料が1000円になる12月1日に初日をシフトさせ、格安チケットで大量動員を行った。さらに、公開後は全国舞台あいきつ行脚」

それに対して興行収入はというと、ジャニーズに優しい『デイリースポーツ』は11日付の記事で「50億円突破もほぼ確実となった」と前向きに報じているが、制作費が20億円掛かっている上に、07年公開の『HERO』は興収81億円だから、決して今回が成功したとはいえないのではないか。

何より、そうした数字そのものよりもっと深刻なことが、翌日付『日刊ゲンダイ』に掲載された桧山珠美の連載コラム「これだけはいわせてくれ」に書かれている。

「こう毎日あらゆる局のあらゆる番組に出てこられればありがたみも薄れるってもんだ」

(いろいろな番組に出演して)「惜しげもなく“素”のキムタクを見せていたが、口を開けば『やっべ~』『超楽しい~』『超うめえ~』と、コンビニの前でたむろする田舎のヤンキーのような言葉遣いしか出来ないことが露呈してしまった」

そういえば、あの「いけのおと事件」も『HERO』の時だった。

ジャニーズ事務所は、なぜこんな深刻なデメリットがありながら、新作映画公開のたびに木村の「素」をさらすようなことをさせていたのだろうか。「田舎のヤンキーのような言葉遣いしか出来ない」木村が、『月の恋人』で大人のラブロマンスなど説得力をもって演じられるはずがないではないか。

アイドルが年をとれば、その点で商品価値が下がるのは仕方ない。しかし、自分から安めを売るような形で「凋落」を招くというのはいかがなものだろうか。(この話続く)→>>ついに中居正広が目覚めた!?……が
完全保存版 ジャニーズの歴史―光も影も45年

完全保存版 ジャニーズの歴史―光も影も45年

  • 作者: ジャニーズ研究会
  • 出版社/メーカー: 鹿砦社
  • 発売日: 2008/11
  • メディア: 単行本

SMAP、マツコとキスまでしないとダメなの?関連ページ

恋愛報道に見るジャニーズ事務所の"戦略の妙"
ジャニーズタレントの恋愛に「人生と芸能界の縮図」
ジャニタレたちの笑えないやんちゃ事件
ジャニーズスキャンダルの真相遂に発売!
田原俊彦は"元祖・沢尻エリカ"だったのか!?
フジが裏番組つぶしでキムタクドラマを支える!
関ジャニ渋谷&村上がドラマ主演!!
キムタクが「CHANGE」の打ち上げを欠席?
キムタクに完勝した山田洋次監督
V6、岡田准一、森田剛
キムタクには王道を歩ませろ!
中居正広がスポーツ番組に進出した功罪
嵐メンバーの気になるエピソード
SMAPのツアーは9月24日から
山下智久がSMAPに次ぐCMスターになった!
稲垣吾郎が逮捕された日
五輪キャスター・櫻井翔の"新事実"とは......
植草裕太の父、植草克秀が早く結婚できた理由は?
ジャニーズタレントやジュニアのギャラっていくら?
ジャニーズ・NEWSについて徹底紹介!(Jマニア87)
ジャニーズ事務所問題でいわれる「カレンダー利権」とは何か
中居正広の頭髪後退が注目されている!
櫻井翔?「なんでこの人が五輪キャスター?」
ジャニーズだから騒がれただけ?芸能界は"オンリーワン"天国
関ジャニ∞エコ大使レポ(Jマニア87)
田口淳之介と創価学会の気になる関係
亀梨和也引退説を週刊誌報道から再燃させる梨元勝
嵐の恋愛沙汰
桜井翔?ジャニーズ事務所と父親の14光り
キムタクが大河ドラマ主演を断ったという話
「私は貝になりたい」はヒットするか?
田中聖がまたもやAV嬢と交際
中居正広の正念場か、「私は貝になりたい」の懸命な宣伝活動
中居正広クン、頭髪問題の次はリバウンド問題勃発か
タッキー大ケガ!の真相
和田アキ子の放言で思い出した木村拓哉と工藤静香
まだ続いていた田口淳之介と小嶺麗奈
ウィキの「ジャニー喜多川・所属タレント『セクハラ』裁判」一部記述削除を批判する
稲垣吾郎だけではない、SMAPの結婚問題
櫻井翔兄妹、世襲議員、「七光り」に職業選択の自由は?
長い交際が終止符を打った真相
櫻井翔、「七光り」×2だっていいんじゃない?
カウコン、今年はどうなる?
ジャニーズQ、わかるかな?
上田竜也の誕生日も闘いは続く
中居正広の映画はヒットするか
SMAPアルバム総売上1000万枚突破
稲垣吾郎と菅野美穂の年内結婚説
中居正広頭髪問題ふたたび(笑)
長野博が主演舞台の製作発表に出席
キムタクよりも江頭2:50を評価したいランキング
カレンダー利権とジャニーズ事務所
ジャニーズタレント恋愛の意味
国分太一とTOKIO
ジャニーズ事務所ホモセクハラが表沙汰に
ジャニーズタレントの変則デビュー
土曜9時の日テレは「ジャニーズ枠」
SMAP独立説がこれで再燃したっけ
井ノ原快彦と瀬戸朝香は結婚したが......
「石原」とジャニーズ事務所の接点
短足ジーニストだった木村拓哉と倖田來未
錦戸亮が「女性を噛んだ」
櫻井翔一家の日テレコネクション
岡田准一と蒼井優は公認カップル?
岡本健一が久しぶりに熱愛報道
岡田准一に見る熱愛報道の反応
亀梨和也、ベストジーニスト賞連続受賞
木村拓哉の「いけのおと」事件
木村拓哉の転機
ジャニーズタレント・最近の「お泊まり熱愛報道」
草なぎ剛VS岡田准一VS山下智久
山口達也、音楽からキャスターへのシフト?
亀梨和也VS国分太一、本物志向対決!
横山裕VS錦戸亮、村上信五VS大倉忠義
中居正広がAKB48に辛口エール
ジャニーズ事務所と『週刊文春』、「和解」の真相
中居正広がメンバーとの対話に目覚めた!?
“何を演じてもキムタク”がリーダーの自覚?
山口達也、免許切れと住民票違反の疑い