ジャニーズタレント徹底論考

異例のアルバム先行リリース

ハイソサエティーが1970年11月、CBSソニーから『世界へジャンプ ハイソ・サンライズ・プレゼント』でアルバム(LPレコード)デビューを果たした。1971年10月には、CBSソニーの新レーベル「EPIC」の第1号タレントとしてシングルレコードを発売している。

普通、レコードデビューはシングルをリリースしてからアルバムを出すものだが、その意味でアルバムが先になったのは異例のことであった。

スポンサードリンク↑
シングルは『不思議な恋の物語』(1971年10月、EPIC)、アルバムは『ハロー・ハロー・ハロー』も含めて2枚リリースしている。1971年には会社内での新人賞も受賞している。レコード会社としては期待する存在だったということだ。そして、おそらくは今で言うオリキもついていたのだと思われる。

ハイソサエティーの名前は、ジャニーズ事務所副社長・メリー喜多川(藤島メリー泰子)の夫であり、作家の藤島泰輔が、1965年に発表した『日本の上流社会ー高貴なる秘境を探検する』という小説が由来であったと言われている。

1969~1970年にかけて、永田英二、ジューク・ボックス、ハイソサエティーと、たてつづけにフォーリーブスに続くスターを目論んだデビューが同事務所から続くが、彼らは残念ながらジャニーズやフォーリーブスのような芸能史に残るような活躍はできなかった。

ハイソサエティーの 愛称は「ハイソ」という。 メンバーは後にスーパーエイジスとアニメーションに分かれた。何でもありの現在のジャニーズ事務所と違い、当時はフォーリーブスのような歌って踊れる中性的アイドルのプロモーションで精一杯だったのかもしれない。
アイドル帝国ジャニーズ 50年の光芒 (宝島社新書)

アイドル帝国ジャニーズ 50年の光芒 (宝島社新書)

  • 作者: 小菅 宏
  • 出版社/メーカー: 宝島社
  • 発売日: 2012/06/09
  • メディア: 新書