ジャニーズ目抜き通り

スポンサーリンク↓

使ってみたいと思わせる何か......が

キムタクこと木村拓哉がブレイクしたのは、1993年の「あすなろ白書」(フジテレビ系)というドラマである。その後も数字が落ちてきたの、なにを演じてもキムタクだのと言われ続けてきたが、とにかく結果として数字を出してきたのは事実である。今日はそのキムタクの話である。
あおきひろしの『ボクの夢はキミたちが描く夢』(メタモル出版)によると、それは「端整な顔立ちと時折見せるいたずらっぽいまなざしが、多くの女性の心を虜にしていることは想像に難くない」のだという。


以下は同書に書かれているジャニー喜多川の告白である。


 あれはSMAPを結成する少し前だから、木村が一五歳ぐらいのときだったと記憶している。蟻川幸男さん演出の『盲導犬』という芝居のオーディションがあったんだ。僕は彼に受けてみないかと勧めてみた。彼がその当時から芝居をやってみたいと思っていたのは知っていたし、僕も彼にその素質があると思ったからだ。

 それこそ何の基礎もないわけだから、"受かる"という勝算があったわけではなかった。木村にしたって、芝居のオーディションを受けること自体初めての体験なんだから、「ダメでもともと、やるだけやってみよう」という感じだったかもしれない。それが、見事に選ばれた。彼の積極的な姿勢と、生まれもった何か......演出家なり芝居のプロに、この子を使ってみたいと思わせる何か......が、彼の道を切り開いたんだと思う。


キムタクは何を演じてもキムタク、などと言われているが、専門家から見ても使ってみたい俳優としての素質や魅力があるのだろうか。しかし、それならジャニーズ事務所も、木村拓哉には役者としての王道を歩ませるべきではないのか。


『ジャニーズスキャンダル調書』(鹿砦社)には、木村拓哉の俳優としての迷走や暴走について書かれている。


2006年10月の「第19回東京国際映画祭」で、ジャニーズが日ごろから付き合いのある松竹に伝え、批判的なメディアを排除。木村拓哉はレッドカーペットを歩かなかった。


2007年2月に授賞式が中継された「第30回日本アカデミー賞」で、木村は主演男優賞のノミネートを辞退した。ジャニーズ事務所では、「木村に限らず、うちはレコード大賞や各音楽祭など、賞レースというものを十数年前からやっていません。映画も同じで、辞退は今に始まったことではないのです。それに映画はあくまで監督のもので、受賞はおこがましいのです」とコメントしている。


しかし、映画賞は所属事務所の力関係を審査して受賞者を決めているわけではなく、作品は主演だけのものでも監督だけのものでもない。受賞は全スタッフ、キャストを代表するものであり、木村個人の都合や裁量で辞退を決めることに対しては批判も少なくなかった。


「カンヌ国際映画祭」では、「HERO」の押し売り的宣伝で顰蹙を買い、逆に海外での知名度のなさを露呈してしまった。ビートたけしからもこんなふうに言われる始末。


「聞けば木村拓哉は呼ばれてないのにカンヌに行くんだろ。勝手にブース作って参加しちゃうんだろうけど、何だかなぁ」(「東京スポーツ」2007年5月22日付)


同作はヒットしたと言われるが、一方では空前の大宣伝の割に、「打倒」を掲げた「踊る大捜査線 THE MOVIE2」の半分の興行収入しかいかなかった。


「武士の一分」は木村が主演した作品であるが、映画公開に合わせて文藝春秋社から発売された原作本である藤沢周平の『隠し剣秋風抄』には、推薦のオビに木村の名前だけで写真が掲載されていない。昨今行われている、主演の推薦文と写真を載せて映画公開と合わせて文庫本を発売。映画もヒット、本の売り上げも伸びるという相乗効果の手法をぶち壊した。原作あっての映画なのに、自分勝手のそしりを免れない。


これは、文藝春秋社の『週刊文春』が、ジャニー喜多川の少年セクハラ記事や、稲垣吾郎の逮捕を巡る記事を書いたためといわれている。繰り返すが、映画作品はいくら主演をつとめた者だからといって、勝手に引き回せる専有物ではない。オビの写真掲載が原作本とともに映画の宣伝でもある以上、出演者としてその役割を全うする責任がある。


こうしたトラブルは木村本人というより、事務所の意向であろう。しかし、いずれにしても「話題作」「ヒット作」を抱えながら木村がやらずもがなの迷走をしているようにも見える。


木村には、業界からもファン以外の視聴者からも、支持され納得してもらえるような王道を歩んでいただきたいものである。


スポンサーリンク↓

キムタクには王道を歩ませろ!関連ページ

恋愛報道に見るジャニーズ事務所の"戦略の妙"
ジャニーズタレントの恋愛に「人生と芸能界の縮図」
ジャニタレたちの笑えないやんちゃ事件
ジャニーズスキャンダルの真相遂に発売!
田原俊彦は"元祖・沢尻エリカ"だったのか!?
フジが裏番組つぶしでキムタクドラマを支える!
関ジャニ渋谷&村上がドラマ主演!!
キムタクが「CHANGE」の打ち上げを欠席?
キムタクに完勝した山田洋次監督
V6、岡田准一、森田剛
中居正広がスポーツ番組に進出した功罪
嵐メンバーの気になるエピソード
SMAPのツアーは9月24日から
山下智久がSMAPに次ぐCMスターになった!
稲垣吾郎が逮捕された日
五輪キャスター・櫻井翔の"新事実"とは......
植草裕太の父、植草克秀が早く結婚できた理由は?
ジャニーズタレントやジュニアのギャラっていくら?
ジャニーズ・NEWSについて徹底紹介!(Jマニア87)
ジャニーズ事務所問題でいわれる「カレンダー利権」とは何か
中居正広の頭髪後退が注目されている!
櫻井翔?「なんでこの人が五輪キャスター?」
ジャニーズだから騒がれただけ?芸能界は"オンリーワン"天国
関ジャニ∞エコ大使レポ(Jマニア87)
田口淳之介と創価学会の気になる関係
亀梨和也引退説を週刊誌報道から再燃させる梨元勝
嵐の恋愛沙汰
桜井翔?ジャニーズ事務所と父親の14光り
キムタクが大河ドラマ主演を断ったという話
「私は貝になりたい」はヒットするか?
田中聖がまたもやAV嬢と交際
中居正広の正念場か、「私は貝になりたい」の懸命な宣伝活動
中居正広クン、頭髪問題の次はリバウンド問題勃発か
タッキー大ケガ!の真相
和田アキ子の放言で思い出した木村拓哉と工藤静香
まだ続いていた田口淳之介と小嶺麗奈
ウィキの「ジャニー喜多川・所属タレント『セクハラ』裁判」一部記述削除を批判する
稲垣吾郎だけではない、SMAPの結婚問題
櫻井翔兄妹、世襲議員、「七光り」に職業選択の自由は?
長い交際が終止符を打った真相
櫻井翔、「七光り」×2だっていいんじゃない?
カウコン、今年はどうなる?
ジャニーズQ、わかるかな?
上田竜也の誕生日も闘いは続く
中居正広の映画はヒットするか
SMAPアルバム総売上1000万枚突破
稲垣吾郎と菅野美穂の年内結婚説
中居正広頭髪問題ふたたび(笑)
長野博が主演舞台の製作発表に出席
キムタクよりも江頭2:50を評価したいランキング
カレンダー利権とジャニーズ事務所
ジャニーズタレント恋愛の意味
国分太一とTOKIO
ジャニーズ事務所ホモセクハラが表沙汰に
ジャニーズタレントの変則デビュー
土曜9時の日テレは「ジャニーズ枠」
SMAP独立説がこれで再燃したっけ
井ノ原快彦と瀬戸朝香は結婚したが......
「石原」とジャニーズ事務所の接点
短足ジーニストだった木村拓哉と倖田來未
錦戸亮が「女性を噛んだ」
櫻井翔一家の日テレコネクション
岡田准一と蒼井優は公認カップル?
岡本健一が久しぶりに熱愛報道
岡田准一に見る熱愛報道の反応
亀梨和也、ベストジーニスト賞連続受賞
木村拓哉の「いけのおと」事件
木村拓哉の転機
ジャニーズタレント・最近の「お泊まり熱愛報道」
草なぎ剛VS岡田准一VS山下智久
山口達也、音楽からキャスターへのシフト?
亀梨和也VS国分太一、本物志向対決!
横山裕VS錦戸亮、村上信五VS大倉忠義
中居正広がAKB48に辛口エール
ジャニーズ事務所と『週刊文春』、「和解」の真相
SMAP、マツコとキスまでしないとダメなの?
中居正広がメンバーとの対話に目覚めた!?
“何を演じてもキムタク”がリーダーの自覚?
山口達也、免許切れと住民票違反の疑い