中居正広の正念場か、「私は貝になりたい」の懸命な宣伝活動

中居正広の正念場か、「私は貝になりたい」の懸命な宣伝活動

「新潟サポーターは沸いたが、浦和側からは大ブーイングが巻き起こった」(2008年10月27日付「スポーツ報知」)。


スポンサードリンク↑

J1の新潟VS浦和戦前に、主演映画「私は貝になりたい」(11月22日公開、東宝)の宣伝で中居正広が登場した。しかし、競技場内の空気を読んだ中居は、「緊張感のある試合前に申し訳ありません。大人の事情がありまして...。すぐに帰ります」と恐縮していたという。強引な宣伝はやり過ぎだったと中居自身が気付いたらしい。

9月末からスタートしたSAMPコンサートツアーの会場で同映画の前売り券を販売しているが、全部で5種類ある会場限定の映画オリジナルポスターが、チケットを同時に5枚買わないと手に入らない。ポスターを全部揃えたい熱心なファンには5倍の負担を前提としている。

いずれも、今作にかけるSMAPサイドのなりふり構わない姿勢がうかがえる。

もっとも、強引なプロモーションは今に始まったことではない。昨年の「HERO」(木村拓哉主演)や「西遊記」(香取慎吾主演)などのそれは記憶に新しい。

昨年5月に開かれた「カンヌ国際映画祭」には、「HERO」と「西遊記」のPRで、木村と香取がカンヌ入りして話題になった。が、派手に報じたのはジャニーズ事務所を悪く書かない御用マスコミであり、冷静に見ていた人たちもいた。たとえば、

「聞けば木村拓哉は呼ばれてないのにカンヌに行くんだろ。勝手にブース作って参加しちゃうんだろうけど、何だかなぁ」と呆れたのはビートたけしだ(「東京スポーツ」2007年5月22日付)。

「ブース作って......」というのは、マーケット用ブースを借りて映画を見せる飛び入りのデモンストレーションである。学者が集まる各学会で行われるポスターセッションのようなものだ。場所が場所だけにPR効果はあるといわれている。しかし、勝手にやってることなので何をやろうが賞レースとは一切関係ない「勝手な売り込み」である。そもそも、この時点で作品は完成していなかった。

それだけでは足りなかったか、木村と香取は目抜き通りを日本のマスコミを連れて練り歩いたり、ホテルの植え込みで会見を開いたりしてカンヌの人々を騒がせた。木村に至っては、地元の通行人にジャニーズ事務所では御法度であるはずのサインまで行ったという。もっとも、それによって、逆に彼らがカンヌでは全く無名の「非国際派スター」であることが判明したからシャレにならない。

7?8月にかけては、とくに「HERO」は「電波を私物化したといっていいほど大宣伝」(「日刊ゲンダイ」2007年9月13日付)だった。製作したフジテレビはおろか、TBS、テレビ朝日といった他局まで巻き込んで宣伝を行ったからだ。

8月初旬には日本武道館で完成披露試写が大々的に行われた。木村や松たか子、大塚寧々、阿部寛ら主要キャストが長さ50メートルに及ぶ花道「HERO'Sカーペット」を歩いてみせ、八嶋智人らが「自分にとってのヒーローは木村拓哉」などと褒めちぎって盛り上げた。それでいて、肝心の作品の出来はドラマの延長のようなもので、映画館でカネを払って見るほどの出来じゃないという声も出ていた。

テレビ媒体だけではない。「日刊スポーツ」では、「文化・芸能」面をほとんど一面使った全10回の超ロングインタビューを掲載した。「キムタク特集」を企画した雑誌は20誌以上にのぼるといわれる。

常識的に考えれば、ヨソのテレビ局が作った映画を他局を使って宣伝するなどということはおかしい。それがなぜまかり通ったのか。たとえば、「日刊ゲンダイ」(2007年5月24日付)にはこう書かれている。

「某局の編成担当が"他局製作の映画の宣伝は難しい"とSMAPの関係者にはっきり伝えたそうです。すると、間を置かず幹部が局にやって来て、発売が決定していたドラマのDVD化の凍結の話を持ち出されたなんて話まである」(業界関係者)

そこまで徹底して2007年9月8日に封切られた「HERO」は、公開初日にフジの亀山千広映画事業局長が、「2003年前に大ヒットした『踊る大捜査線 THE MOVIE2』が記録した興行収入173億円以上を狙う」などとぶちあげながら、実際にはその約半分、「西遊記」はさらにその半分程度にしかならなかった。

それでも、「HERO」が81億円、「西遊記」が43億円を叩き出しているから、何だかんだで数字としては格好が付いている。ところが、今年封切られた草なぎ剛の「山のあなた?徳市の恋」は3億円程度とさらに伸び悩んだ。テレビの方も、2008年1月期スタートの稲垣吾郎と香取、4月期スタートの木村と草なぎの連続ドラマの数字が思ったほどは出なかった。

懸命なプロモーションによって一般的には悪くない数字を作ってはいるが、SMAPだから何をやっても大当たり、という以前のような勢いは疑わしくなっている。関係者ならヒシヒシと感じているこの"低落傾向"に歯止めをかけるためにも、中居の映画をコケさせる訳にはいかないのだ。

それにしても、「HERO」や「西遊記」は、最近のテレビドラマで木村や香取が主演した実績をもっての映画化であるが、「私は......」はそうではない。だからこそ、大ヒットすれば中居の俳優としての評価はグッと上がるが、すでに平成生まれが社会人になっている現在、はたしてこの作品が通用するのだろうか。今作が中居にとってもSMAPサイドにとっても正念場になる。

中居正広の正念場か、「私は貝になりたい」の懸命な宣伝活動関連ページ

恋愛報道に見るジャニーズ事務所の"戦略の妙"
ジャニーズタレントの恋愛に「人生と芸能界の縮図」
ジャニタレたちの笑えないやんちゃ事件
ジャニーズスキャンダルの真相遂に発売!
田原俊彦は"元祖・沢尻エリカ"だったのか!?
フジが裏番組つぶしでキムタクドラマを支える!
関ジャニ渋谷&村上がドラマ主演!!
キムタクが「CHANGE」の打ち上げを欠席?
キムタクに完勝した山田洋次監督
V6、岡田准一、森田剛
キムタクには王道を歩ませろ!
中居正広がスポーツ番組に進出した功罪
嵐メンバーの気になるエピソード
SMAPのツアーは9月24日から
山下智久がSMAPに次ぐCMスターになった!
稲垣吾郎が逮捕された日
五輪キャスター・櫻井翔の"新事実"とは......
植草裕太の父、植草克秀が早く結婚できた理由は?
ジャニーズタレントやジュニアのギャラっていくら?
ジャニーズ・NEWSについて徹底紹介!(Jマニア87)
ジャニーズ事務所問題でいわれる「カレンダー利権」とは何か
中居正広の頭髪後退が注目されている!
櫻井翔?「なんでこの人が五輪キャスター?」
ジャニーズだから騒がれただけ?芸能界は"オンリーワン"天国
関ジャニ∞エコ大使レポ(Jマニア87)
田口淳之介と創価学会の気になる関係
亀梨和也引退説を週刊誌報道から再燃させる梨元勝
嵐の恋愛沙汰
桜井翔?ジャニーズ事務所と父親の14光り
キムタクが大河ドラマ主演を断ったという話
「私は貝になりたい」はヒットするか?
田中聖がまたもやAV嬢と交際
中居正広クン、頭髪問題の次はリバウンド問題勃発か
タッキー大ケガ!の真相
和田アキ子の放言で思い出した木村拓哉と工藤静香
まだ続いていた田口淳之介と小嶺麗奈
ウィキの「ジャニー喜多川・所属タレント『セクハラ』裁判」一部記述削除を批判する
稲垣吾郎だけではない、SMAPの結婚問題
櫻井翔兄妹、世襲議員、「七光り」に職業選択の自由は?
長い交際が終止符を打った真相
櫻井翔、「七光り」×2だっていいんじゃない?
カウコン、今年はどうなる?
ジャニーズQ、わかるかな?
上田竜也の誕生日も闘いは続く
中居正広の映画はヒットするか
SMAPアルバム総売上1000万枚突破
稲垣吾郎と菅野美穂の年内結婚説
中居正広頭髪問題ふたたび(笑)
長野博が主演舞台の製作発表に出席
キムタクよりも江頭2:50を評価したいランキング
カレンダー利権とジャニーズ事務所
ジャニーズタレント恋愛の意味
国分太一とTOKIO
ジャニーズ事務所ホモセクハラが表沙汰に
ジャニーズタレントの変則デビュー
土曜9時の日テレは「ジャニーズ枠」
SMAP独立説がこれで再燃したっけ
井ノ原快彦と瀬戸朝香は結婚したが......
「石原」とジャニーズ事務所の接点
短足ジーニストだった木村拓哉と倖田來未
錦戸亮が「女性を噛んだ」
櫻井翔一家の日テレコネクション
岡田准一と蒼井優は公認カップル?
岡本健一が久しぶりに熱愛報道
岡田准一に見る熱愛報道の反応
亀梨和也、ベストジーニスト賞連続受賞
木村拓哉の「いけのおと」事件
木村拓哉の転機
ジャニーズタレント・最近の「お泊まり熱愛報道」
草なぎ剛VS岡田准一VS山下智久
山口達也、音楽からキャスターへのシフト?
亀梨和也VS国分太一、本物志向対決!
横山裕VS錦戸亮、村上信五VS大倉忠義
中居正広がAKB48に辛口エール
ジャニーズ事務所と『週刊文春』、「和解」の真相
SMAP、マツコとキスまでしないとダメなの?
中居正広がメンバーとの対話に目覚めた!?
“何を演じてもキムタク”がリーダーの自覚?
山口達也、免許切れと住民票違反の疑い